ほうれい線の解消治療|ダウンタイムが掛からない施術が人気|美容外科でイメージチェンジ

ダウンタイムが掛からない施術が人気|美容外科でイメージチェンジ

ほうれい線の解消治療

ナース

ヒアルロン酸は美容に良い

若い頃に比べると、年々、肌のシワ、くすみなどの悩みが増加していきます。40代から50代の女性が特にコンプレックスを抱くのが、ほうれい線です。ほうれい線は、口の周りにはっきり出るシワなので、メイクでは隠しにくいです。したがって、存在するだけで、老けている印象を与えてしまいます。現在、ほうれい線対策として人気なのが、名古屋の美容外科のヒアルロン酸注射です。これは、ヒアルロン酸を注射して真皮の内側からシワを解消する施術です。ほうれい線は、そもそも加齢によってヒアルロン酸が肌内で不足する事で起こります。ヒアルロン酸には、皮膚細胞同士を繋いで、肌にハリをもたせる効果があります。なので、ヒアルロン酸が足りなくなると、ハリがなくなり、シワができやすくなるのです。しかし、施術では不足したヒアルロン酸を直接、患部に補う事が可能です。そのため、効果的にほうれい線を解消できるのです。名古屋の美容外科で行うヒアルロン酸注射は、人体の細胞に元からある成分を注入します。なので、体への副作用が起こるリスクも少なく、施術の安全性が高いです。また、ヒアルロン酸は、施術後から徐々に肌に馴染んでいきます。なので、より仕上がりが自然になるので、周囲の人に整形がばれ難いです。そのため、手軽にできる若返り治療といえます。

ヒアルロン酸注射の痛み

ヒアルロン酸注射を行う際に、多くの方が注射の痛みを気にされます。誰もが痛いのはとても嫌なので、どのくらいの痛みがあるか気にするのは当然です。基本的に、名古屋の美容外科のヒアルロン酸注射は痛みが少ないといわれています。その理由は、注射の際に先端が丸まっている針を使用するからです。他の施術では、通常、医療用の先端がとがっている針を使用します。先がとがっているので、皮膚を通る時に皮膚組織を破壊していきます。それによって、強い痛みを皮膚に感じるのです。それに対して、ヒアルロン酸注射の針は、皮膚組織の間を通っていきます。なので、痛みを感じることも少なく、術後の腫れも少なくなります。ただ、デリケートな人の場合は、注射の際に痛みをまれに感じる事があります。やはり針は皮膚内を通るので、痛みを感じる事を回避できないです。その場合、名古屋の美容外科では、痛みを抑えるために麻酔の処置を行っています。患部に麻酔クリームを塗るなどの局所麻酔をかけて施術をしてくれるのです。また、注入するヒアルロン酸そのものに麻酔を配合してくれるケースもあります。なので、施術で痛みが心配な方は、事前に医師と相談をしてみるといいです。